キャッシングによる借金

以前、短期間ですが司法書士の事務所で債務整理に携わる仕事をしたことがありました。
債務整理を行う人は、借入をしている金融会社に対してある一定の利率に変換し、その金額での返済を提案します。
 その中で度々目にしたのが、ある金融会社への返済をするために、別の金融会社からキャッシングで借り入れをして返済するといったパターンです。借金を返すために再度別の所で借金をしてしまうのです。返さないといけないという意思はあるのでしょうが、これでは返済金額は全く変わりませんし、借入をした分の利子もかかっているので、雪だるま式に借金は増えていくばかりでしかありません。
 また、豆に返している人の場合、過払金という形でお金が返ってくることもあります。これは、債務整理した時の利率と、借入した時の利率の差が生じている為起こることですが、金融会社から借入をするということは、高い利率を同時に支払っているということでもあります。
 致し方ない理由で借金をしている人も中にいるかと思いますが、個人の浪費が原因で借り入れを行っている人も数多くいます。借りた金額<返す金額であることをあまり重視していないように思います。
 借金をしないためには自分のライフスタイルを見直す必要があると思います。お金を使うことに対して慎重になることが最も重要です。キャッシングは利用しない、たとえ利用したとしても計画的な返済計画を立てていることが重要であり、それができない人は利用することは借金地獄への第一歩に繋がるのだと思います。