借金を返済できなくなる目安

借りては返しての借金を繰り返すと雪だるまのように借金が膨れあがってきます。

おおよそ月収20万から30万のサラリーマンの場合だと300万円以上の借金になると返済能力がなくなってしまいます。

また借入件数も3社から4社になると自分で返済すると難しいでしょう。

生活費や家賃などを抜くと、どうしても残り5万円ほどの返済になります。

利息などを考えると元本が減らなくなってくるのです。

利息だけをずっと払っていては借金も減りません。

なぜそうなるのでしょう?

ルーズな人ほど借金をしそうな人のイメージがありますが、実は真面目に返さないと!という人も借金が増えていく傾向があります。

それは他社からの借入で今月をしのごうという人です。

そうすると借金を返すために借金という負のループになっていきます。

また業者からの甘い誘惑として、借入額を増やしてもらえるということもあります。

借金というものは不思議なもので、最初は返済しなければいけない金額に見えていたものが、借入額を増やすと「まだ使えるお金」のようになっていくのです。

これは借金をした人が口々に言うことです。

「まるで自分の通帳にお金が残っているようだった」という言い方をします。

またたくさん借りた経験がある人に関しては、利息を下げるキャンペーンなどを行います。

真面目に借入→返済をする人にとっては甘い誘惑です。

自分の借金がどれくらいなのか、返せる目安なのかどうかをきちんと把握しておくことは大事なことです。